読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとうにシンプルに

日常の景色を、ゆるく、おもしろおかしく。

▶▶メインブログはこちらへ

マイナーだけど便利なショートカットを紹介するよ。(for Windows)

雑記 ライフハック

 PCを利用してお仕事をされている方も多いかと思いますが、作業を効率化するための「ショートカット機能」、使いこなせていますか?

 「Ctrl+C(コピー)」「Ctrl+S(ファイルの保存)」など、メジャーなショートカットの利用率は比較的高いかと思いますが、今日は「マイナーだけど役に立つ!」ショートカットを紹介したいと思います。

 では、ランキング形式でいってみましょう。デケデケデケデケ・・・デレレン!

第4位 スペクタクル・ロマン「F11」

 大げさな前振りの割には出てきたのは4つだけでした。ブラウザなどを全画面表示することができるファンクションキーの「F11」です。よく考えたらこれ、ショートカットキーじゃないですね?いきなりのインチキです。

 これは私がWebブラウジング・ネットサーフィン(死語)中などにしばしば使用するのですが、ブラウザなどのタブ領域やツールバー、画面下部のタスクバー等は、完全に非表示にされます。少しでも広い領域を。視界いっぱいに変な動画が広がるわけです。

第3位 辞書登録の鬼「Ctrl+F10」

 なんで?という声が聞こえてきそうですが、目的は「単語の登録(ユーザ辞書登録)」です。私は辞書登録機能を頻繁に呼び出します。頻繁に利用する文字列は全て辞書機能へ登録するのです。辞書登録はある程度使い込むと利用頻度は下がりますが、仕事の環境が変われば大活躍します。

 例えば私の辞書は「おせわに」で変換すると「お世話になっております。株式会社XXXXのwiz7です。」と表示されます。無駄な作業はなるべくカット。極力楽をしましょう。

第2位 森羅万象をクローズ「Alt+Space+C」

 次にご紹介するのは、何でもかんでも閉じることができる「Alt+Space+C」です。「マイナー」だと私が勝手に決めつけていますが、このショートカットの利用率ってどの程度なのでしょうね?

 マウスでわざわざ「×」をクリックして閉じるのはこの上なく面倒な作業ですので、個人的に非常に重宝しています。

 「Alt:薬指」を押しながら「Space:人差し指」で小さい選択ウインドウを表示後、「C:中指」でクローズ。堅牢なウインドウも、この3連コンボで瞬殺です。

 慣れてくると、画面上の全てのウインドウは、この「Alt+Space+C」の連打で一網打尽です。「え、何してるんですかwww?」とは同僚の弁。一般人には理解されないようです。

第1位 小物はこれで瞬殺「Ctrl+W」

 そして第1位に輝いたのはファイル・タブなどを閉じるのに便利な「Ctrl+W」です。これも非常に便利です。指は「Ctrl:小指」+「W:薬指」です。

 はて?「Alt+Space+C」との違いは?との声が聞こえてきましたね。タブやエクセルの1ファイルをクローズするのに利用できます。エクセルソフト本体を終了させるためには、これではダメで「Alt+Space+C」を利用します。(枠が残ってしまいます。)

 感覚的には、ごっついウインドウは「Alt+Space+C」で、小物は「Ctrl+W」で処理、という感じでしょうか。変な動画を観ている最中、カーチャンが突然部屋に入ってきたらこれで画面を閉じましょう。一刻を争う「ミリ秒単位」の戦いです。

あなたのとっておきのショートカットは?

 毒にも薬にもならない記事ですが、あなたのマイナーなショートカットは何でしょう?おしろいのがあったら教えてね!

 今日はここまで、そんじゃーねッ!