読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとうにシンプルに

日常の景色を、ゆるく、おもしろおかしく。

▶▶メインブログはこちらへ

転職ドラフトとY社は、本当に悪なの?

考え方

 こんにちは、wiz7です。ふだんはこちらで書いてます。今回は迷ったけどこちらのサブブログの方に書くよ。

 はてな匿名ダイアリー(増田)で、実に可燃性の高い記事が上がっていました。

anond.hatelabo.jp

 問題を3行で要約すると、

  • 「転職ドラフト」という転職支援サービスがあり、企業が先に年収を提示することで選考が進んでからの年収面でのミスマッチを防ぐのがウリらしい
  • と言いながらも、企業からの提示額の9割以上を保証するという、摩訶不思議な仕組み(2016/09/25時点)
  • 某企業は550万を提示していきたが、実際に提示されたのは4,288,000円+みなし残業時間25時間分で、「4,912,228円」

 ということらしい。

 うーん。。。ちょっと待ってよ?

謎の9割ルール

 まず、転職ドラフトの「9割ルール」というものが、いいか悪いかで言えば、いいわけがないんだけど、それって転職ドラフトが元々決めていたルールですよね?得体のしれないサービスを利用するからには、事前にルールについて知っておくべきだと思うんですね。

 増田がもしこれを知らなかったとしたら、増田はこのルールの存在を知っていたので、落ち度が全くないわけではないと思います。根拠は後述。
(※2016/09/27 加筆・修正)

 とはいえ、年収のミスマッチ防止を謳うサービスで、さすがにこれはないだろう、というのはもっともな話で僕もそう思うんだけど。

 で、9割ルールがどのような形で謳われていたかが問題だと思うんだけど、さっきトップページみたら9割ルールについては一言も書いてなかった。実際に利用を開始したら、いやでも目に入るようになっているのかね?少なくともアカウント作成時にはユーザには知らされていない。

 ここだけ見ると、転職ドラフト側に落ち度があり、少し詐欺っぽいね。

みなし残業って、残業ゼロでも支給されるよね?

 次に考えたいのが、「みなし残業」というフレーズ。増田は「みなし残業時間25時間分」という表現をしているところから推測するに、毎日定時で退社しても支給される金額であるように見える。残業0時間~25時間まで固定の金額でね。

 つまり、残業ナシでも、Y社が提示した550万の9割である、495万マイナス4万には到達しているんですよね。ブコメが派手に燃えているけどさ、そこまで理解されているのかな?ルールにのっとって考えると、確かに4万円ビハインドですよ。これはY社の明らかなルール違反で落ち度があるんだけど、4万円未達でそこまで大騒ぎする話なのかな?

 擁護する気はないけど、少しずれている気がする。

 炎上している原因は「残業しないと130万程度の差が発生する」と誤解されているからじゃないかな?

 そう考えると、問題の根元は9割ルールの制定と、それを利用する企業にありそうだね。

年収って残業込みなの?そうでないの?

 最後に実際の残業について。
 45時間の残業で、元々の希望額の550万に近い金額になるという。

 年収の話する際に、企業側は残業抜きの額を提示すべきだという論調になっているけれども、まあそれはごもっともな話だと思う。

 けど実際問題、もし自分が面接で年収希望額を聞かれたら、残業時間がどの程度かを確認し、残業込みでxx円希望ですって確認しないかな?

 というか、大事な話なんだからちゃんと確認しようよ。個人的には確認が甘いと思いました。面接時に疑問に思わないのも問題だし、疑問に思っても心証悪化を懸念して質問することができないとしたら、それはそれで色々と問題なんじゃないかな。

 企業だって慈善事業でやってるわけじゃないわけで。少しでも自分に有利な形でコトを進めたがっているんだから、詐欺師と対決するくらいの心構えで戦わないと。でないと、今後、様々な場面で増田が辛くなっちゃう。この話に限らずね。

何かを契約する際には、相手を詐欺師だと思え

 まあ、何がいいたかったかというと、大事な話はちゃんと確認して自分の身を守ろう、という話で。

 増田で燃えて転職ドラフトらが改善したところで、世界が変わるわけじゃない。
 
 騙される奴が悪いなんて言うつもりは毛頭なくて、自分を守るために確認すべきことはキチンと確認していこう、という話でした。

 さっそくコメント出しているね。対応が待たれる。

job-draft.jp

そいじゃ!